工場の脱臭・消臭や除塵・集塵装置ならマイクロバブル方式

マイクロデザイン

〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-15ー4F(田園都市線池尻大橋駅1分)

営業時間
9:00〜12:00 / 13:00〜17:20
休業日
 土曜・日曜・祝日

お客さま専用デスク

03-3710-8808
ひどい悪臭
悪臭がひどい
近隣迷惑な悪臭
悪臭クレーム

工場の悪臭、臭気でお困りではありませんか?

塗装工場、有機溶剤の悪臭対策を主に説明しています。

ご案内する「マイクロバブル方式」は、提供開始から12年になります。
揮発性有機溶剤(VOC)の対策にて多くの実証を重ね、導入先にてその成果が認められ、町の小規模工場様から上場企
業、海外工場まで導入されています。

有機溶剤その激臭、悪臭を元から減らす、脱臭を実現

除去率96% →  VOC入口濃度:2,300ppmc  出口濃度:98ppmc    改正大気汚染防止法・規制対象施設の基準をクリア                    排水は、BOD(生物化学的酸素要求量)36mg/Lで基準値の160mg/Lを下回る

塗装工場は、居心地がいい。質の高い作業環境への願い、揮発性有機溶剤(VOC)の悪臭対策において、マイクロバブル方式が選ばれています活躍しています。

国から表彰された局所排気装置

環境省、揮発性有機化合物(voc)対策で特別表彰、国土交通省で関東運輸局長表彰など国や県、団体など含めて受賞しています。有機溶剤対策において効果は評価されています。

異臭、汚臭、鼻を突く強烈な悪臭対策に願いが叶う、お役に立ちます

コスト評価は、圧倒的

局所排気としてはフィルター不要、火気や消臭材、芳香剤、活性炭、中和剤等も不要。    塗装ブースの悪臭対策に微生物処理やオイル、泡、凝固剤・・・なども不要です。

快適な作業環境は、気持ち良く 楽しく仕事ができ、健康も安心、爽快です。

全国対応、土日祝日もご相談を受付

     沖縄から東北まで導入しています。
      但し、水を使うため凍結するところでは対策が必要です。                                               
土日祝日もご相談を受け付けております。

     ぜひお問い合わせください。

パッケージプラン

    販管費を抑えたパッケージプランをご用意しております。「何にいくらかかるのかわから
    ない」といったご心配は不要です。


単位当たりのコストセーブは圧倒的

ーーー 迷っているなら、マイクロバブル方式 ーーー

小規模事例でのご紹介

before

とにかく臭い!!横浜市の塗装会社男性Aさん(41歳)は、ファンの排気装置にフィルターを付けていた(今では、タオルをぶら下げて)汚くても誰もきれいにしようとはしない、と。

悪臭の調色室
排気は、ほぼゼロ

スタッフからひと言

同じ悩みをお持ちの方は大変多い。他の企業の提案は、似たり寄ったりの換気扇にフィルターとなってしまい解決は、ほど遠いのが現実です。すがすがしい環境をご提案します。

after

フィルターを使わず塗料ミストを分解処理するため心地いい作業環境を作ります。Aさんは、明るく、サッパリして気持ちがいいとコメントされています。

無事ご満足いただくことができました。

スタッフからひと言

このように弊社では、オーダーメイドのご提案を心がけています。弊社がしっかりお手伝いさせていただきますので、どうぞご相談ください。汚れやよどみ、汚損はNGです。

塗装ブースの局所排気装置では、課題があった

粉じんまみれ

  塗料の溶剤噴霧にまみれている    

有機溶剤は、意識を失うほどの
危険性あり後遺症の可能性も

有機溶剤使用工場の悪臭対策、考え方、進め方ですが、

第1は、発生個所を囲い、密閉することです。   
第2は、密閉ブース内の有害排気を戸外へ排出すること。

これで、労基上の管理区分1は、達成されます。
この2点がダメだと工場内に悪臭が漂うことになります。

大きな原因は、換気能力の低下にあり、この改善が必要です

塗装での臭気や悪臭対策は、徹底した排気(換気)をすることです。これは法令で決められています。
ころが装置のフィルター目詰まりやファンやダクト内の  スラッジの付着により臭気や悪臭が十分に排気、換気できない状態にあります

法令通りシンナー臭の臭気や悪臭をそのまま排気すれば近隣へ臭気や悪臭の拡散となり大変な苦情となってしまいます。近所への臭気や悪臭を気にして、換気扇を止めている作業所もあります。おかしな話です。

そもそも、考えてみれば

 ◆有機溶剤の臭気、悪臭対策にフィルタ、スクラバー

       などの排気装置で、溶剤を減らせるのか? です 

 ◆芳香剤、消臭剤は溶剤を根本的に減らすのか

 ◆燃焼式(RTO)は、予算がかかり脱炭素社会に反して・・・

 ◆水性塗料に変えるほど余裕がない、先々が見通せない

以上の様々な矛盾を解決するには有機溶剤の臭気や悪臭を根本的に低減する方法が必要です。

 

悩みは、無用 まず問い合わせを!


悪臭

苦情

労基対応

健康不安

ーーー迷っているなら、マイクロバブル方式 ーーー

臭気や悪臭対策は、マストクリーナが 解決

脱臭装置

JIO type12 OEM
消臭、脱臭装置例

脱臭装置OEMアドオンモデル

私共は、工場の臭気、塗装や食品、金属、化学工場系の

臭気対策の排気処理、脱臭装置として「ジオクリーナ」

を開発提供しています。

中和剤や 消臭剤、活性炭、さらにフィルターなしで

マイクロバブルが臭気や悪臭を分解、除去しています。

特に工場の排気ガス処理として、また塗装ブースから

のシンナーなどの悪臭対策や溶剤による洗浄工程の臭気

対策で脱臭を根本から実現しています。

決して有機溶剤が100%完全に消え無臭にはなりませ

んが、法令に準拠し環境改善に役立つ脱臭処理を実現して

います。

 
「ジオクリーナ」は、有機溶剤向け新方式の「排気処理装置」
 
としてリリースしており、洗浄工程でのブチル、キシレンや
 
塗装でのシンナー類の有機溶剤低減で必要な法令、労基対策を
 
実現しています。その悪臭(VOC)の脱臭処理能力は、
 
1基 70m3/m~ 1、500m3/m 相当で新しい方式
                            の
局所排気装置として各塗装ブースに脱臭装置としてアドオン

ご使用になれます。
45kwベンチュリーリプレイス
ジオクリーナ多塔モデル

悪臭や臭気への脱臭 その効果は

  • 1
    最大96%減 悪臭の元、有機系溶剤そのものを分解、低減
  • 2
    悪臭、その臭気対策、近隣クレームに画期的
  • 3

    害物質から作業者を 保護、作業環境は、労基法上管理区分Ⅰを達成し

  • 4
    安全、快適な工場の土壌、水質汚染対策 (BOD・COD改善)を実現
  • 5

    火気や消臭材、芳香剤、活性炭は不要で二次公害を生まない脱臭装置 

  • 環境改善で作業品質、生産性をアップさせ、従業員も定着
  • 初期投資やランニングコスト、メンテナンス性で驚きの高評価

       装置は、ユニットのため搬入、設置は早く完了します。 例は、1,600m3/m

マストクリーナの仕組み

悪臭対策にマイクロバブル

      マイクロバブルシャワーが   
有害物を吸着します

塗料のスプレーで白い塗料が出てきます

赤色の塗料がスラッジとなっている

左が、マストクリーナ標準機です。

下の排気口から有害な排気ガスを吸い込み装置の中で

マイクロバブルと混じるようになっています。

混じることで悪臭を分解除去するという仕組みで、

マイクロバブルが臭気の元凶である排気ガス(有害物)

と接触、結合しその際、化学反応をおこし対象の有害

物を酸化分解させる方式の装置です

実際、溶剤系の塗料をスプレーし処理の状態を確認して

います。塗料は、顔料、固着剤が分離されスラッジとな

って驚くほど大量に捕集されます。よって粉塵やスラッ

ジなども外部への排出を抑えることができます。

さらに肝心の悪臭は、フィルタや活性炭、消臭中和剤な

どを使わずにやっかいなシンナー臭の臭を実現してい

ます。溶剤は、少量でも悪臭はきつく厄介で無臭にはな

りませんが、確実に低減できています。

一般のフィルター方式と違いフィルターがないため排気

風量は、粉塵の目詰まりなく長く維持されます。

安心を手に入れてみませんか。

わずかな水量で目に見えない水でできた小さな気泡

有害物(溶剤)を吸着していきます。

 

装置の仕組みは同じですが設置場所に合わせ大きくも、小さくも再設計します。

100%カストマイズとなり標準機というものは、ありません。           

            

 

装置は、場所に合わせ再設計します

小型移動式タイプ
40m3で単相100V仕様

中型機で500m3相当
工業用水を使用

表面張力と負に帯電する吸着の力、そして分解作用

都市部での脱臭

重機械工場からのシンナー臭
隣はショッピングモール

郊外での臭気対策

    生産ライン臭気を考慮して     リプレイス中(海外)

活性炭脱臭からのリプレイス

狙いは、住宅地で臭気対策

 **参考として、悪臭防止法は,工場、事業所から排出の特定悪臭物質を規制しています。いずれの悪臭も微量で  
  
不快を感じます。 悪臭は、敷地の境界で 悪臭濃度の 限度が 悪臭物質ごとに 決められ工場集中ダクトの外部排
  気処理に測定,測定器のほか,人間の嗅覚でも 計測されます。
  悪臭を除くには,一般には燃焼,吸着,洗浄,酸化,マスキングなどの方法があり水または薬液で洗浄吸収す
  るか,活性炭,ゼオライトなどで吸着させています。

  1. 計量証明事業登録番号 神奈川県第39号 環境省告示第61号計量方法による
  2. 神奈川県産業技術センターによる分析基準値
  3. 効果、数値は異なる状況下での効果を等しく保証するものではありません
  4. 記載されている数値等は予告なく変更されることがあります

マストクリーナ標準タイプ(脱臭向け)仕様

電源(ファン、ポンプ) 3相200V
受水槽タンク容量 100L
脱臭方式 マイクロバブル噴霧による溶剤処理の局所排気処理装置
サイズ(小中型サイズ) H2600 D1200 W1400
普及装置参考価格(標準搬入据付工事含む) 2、200、000円
制御盤(ファン側 インバーター制御) 基本予算に含む
外部排気ダクトφ500~ 基本予算には含まない
一次側電源、給水口、排水(ドレン口)等 お客様側準備による
防塵、防爆、その他仕様 別途のお打ち合わせによる
目安製作期間 ご下命後40営業日

※補足 構成、能力により必要電源、装置サイズなどが異なります。詳しくは、資料のページをご覧ください

マストクリーナ(メンテナンス、保証など)

 

製品のメーカー保証は、引き渡し検収後1年間です。製品の初期不具合、故障について無償にて対応します(保証契約参照)。                           

その後は、メンテナンスサービスになりますが、メンテナンスは装置の部品や消耗品の交換、定期点検を言いますがメーカーメンテナンスの契約は、原則ありません。必要なデバイスは、特殊な部品はなく相当品をお客様側にて直接調達、手当てして頂いています。もちろん私共からの提供も可能です(すべてスポット対応)。日常の運用管理としては、定期清掃、受水槽の水交換、定期点検はお客様に必ず行って頂くことを基本としています。

取扱説明書、導入時の操作説明でのご案内をくれぐれも順守頂くことをお願いします。順守なく不具合を生じた場合は、別途個別に費用が生じることがあります。

なお製造物責任(PL法)は、適用外としていますが適応にされる場合は、別途費用が発生いたします。詳しくは、資料のページをご覧下さい。

お電話でのお問合せは リモートワークへ

080-3530-6715

受付時間:9:00〜17:20(土日祝を除く)

お客さま事例

近隣からシンナー「くさい」と苦情があった

建機部品製作所さま  
有機溶剤(VOC)対策に導入
ベンチュリー局所排気装置

このベンチュリーをリプレイス
塗装は、圧送式

健康のために

経緯: 川崎市環境基準に合わせる必要があり、既存のベンチュ

    リーは溶剤臭が悪臭としてそのまま出ているので困って

    いた。マストクリーナのデモ機を見て使い方や構成の                      
                                   
    イメージが出来て、何よりシンナー臭を確実に減らせる
                                      
    装置だと確認出来た。
                                      
    工場地帯だがホテルもありシンナーのような悪臭は、

    コンプライアンスから特にまずかった。

希望: RTOしかないと考えていたが、イニシャルもランニング

    も経費が大変なのでデモ機で実験をしたいと伝えた。

    テスト機で効果が確認できるか?でメーカーと共同テス

    トを半年繰り返し行うこととなった。

感想:   テストで確認が取れ、脱臭装置の説明に役所へ行った

              が、意外に簡単に了承となった。

      サンプル溶剤でテストを入念に行い最終、装置は、大幅にカストマイズ

             をすることにして従前の装置よりは、スッキリ小型になった。 
                                                                                                                                                                                           導入を決めた理由は、有機溶剤(VOC)の脱臭対策は、これでしかないと思う。

    何より、溶剤系塗料を安心してそのまま使い続けられるのは、最大のメリットとのこと。

活性炭からのリプレイス、クレームが気になって

自動車修理工場さま  大阪市のAさん
自慢の塗装ブースに取付
プッシュプル塗装ブース

ピット下からダクトで局所排気装置へ
そのダクト部分にアドオン

バンパーやドア塗装用に横引き フードにも排気処理装置として 2台取り付け           

経緯: 市街地で30年商売をしてきた。入庫は、好調で塗装

    は、やめたくなかった。隣は、畑で有機溶剤は作物に影

    響があるとクレームを言い、議員まで連れてきて話し合

    っていた。活性炭は、管理と費用が大変で、しかも効果

    は、すぐに目詰まりしてほとんどない。ナイロンフィル

    ターと2重にしていてもだめだ。

    移転は、したくなかったので水性塗料に変えるか、臭に

    効果のある脱臭装置を入れるか考えていた。

希望: マストクリーナは、購入せずにスクラバー式でお金掛け

    ず自分で作ろうと部材だけを提供してほしいと申し入れ

    た。また、こまめにメンテナンスはやってられないので

    手間のかからいような構成をお願いした。

感想: 複雑な構造ではないので自分で組み立てることを伝え 

    了承してもらった。 導入を決めた理由は、シンナーは完

    全に無臭にはならないもののこれ以上の装置はないと思

                        う。今は、お隣とは丸く収まっている。近くの同業者が

                        廃業し仕事量が多くなり長く続けたい、とのこと。

フィルターの目詰まりで排気しない

塗装工場向け装置製作会社さま  長野県佐久市
局所排気装置のダクトに取付
局所排気の目詰まり

全面フィルター式は粉だらけで
払い落としが大変
戸外へも粉塵が飛びまわると聞く。

経緯: 長野県内の本社工場。工場屋根、近くの 駐車場などに粉

    じんが飛散。隣より「洗車に金を払え」と、言われ、 

    従業員らは、臭いがきついから何とかしてと言ってい

    た。水性塗料を考えたが設備費用やランニング費用が 

    高いのと、仕上げに溶剤を使うので2重の設備とな

    るので考えていた。

希望: 仕事量が増えて、工場の新設も考えてたが、先の見通し

    は分からないので、他でも使える排気処理装置を探して

    いた。今まではフィルター式は、詰まるので、スクラバ

    ー式など別の装置をと考えていた。

感想: サイト検索で、「悪臭 有機溶剤対策」を見てこれだろう

    か? と思いデモを見て決めた。導入を決めた最大の理由は、100%完全ではないがマストクリーナ

    は、シンナー臭や粉じん飛散はなくスラッジがたくさん捕れて有機溶剤(VOC)対策としては、他

    に選べる装置がなく、実用性十分だと感じたこと。安全衛生と清潔感が維持できるようになった。

 

長らく町工場でやってきたが、臭いの苦情が出ている

一般塗装、民芸品制作工房さま  京都府
研磨による悪臭対策に
ジオクリーナ導入光景

   作業場は、プッシュプルになるよう  捕捉面を考えています。

経緯: 京都にある工場団地。手作業の 手ぶき塗装のみ。

    ベンチュリーを20年使ってきたがサビがひどく、また

    近所に粉じんが飛んでいて検討されていた。

    知り合いの工場でジオクリーナを使っているので参考に

    した。

希望: あまり金をかけたくないので、補助金を申請しその費用

    で入れることを考え、最小構成で粉じんにも効果のある

    ジオクリーナの脱臭装置を第一候補とした。

感想: 導入理由として、シンナー臭の悪臭対策で補助金がすぐ

    にOKとなり導入を決められたこと。

    マストクリーナは、扱いが簡単で塗料スラッジがたくさ

    ん捕れるのでおもしろい。このスラッジが外に出るのだ

    と大変だ。排水処理のところは、自分で改良した。

    有機溶剤以外の有害物にも使えるのか試していきたい。

助成金を受けた共同運営の工房
臭い、臭気は、安心

独力で対策。隣に社宅ができるので臭いが心配だった

塗装、金属加工工場さま 大阪府
有機溶剤の悪臭対策に導入
ジオクリーナ導入光景

ダクトもご自身で設置

経緯: あほな話やで、工場団地に社宅と駐車場が出来ようこと

    になりシンナーの臭いは、困るので対策をせいとなっ

    た。事業は、好調でどないしようかで脱臭装置を探して

    以前雑誌のを東京で見て「これや」と即決した。

希望: 予算は、ないので自分で作れるもので、デモを見てその

    場で設置とダクトは自分でやろや、で了解してもろた。

感想: 必要な部品は、自分でそろえた。扱いが簡単で塗料

    スラッジがたくさん捕れる。臭いの心配はなく、粉じん

    も捕れて、安く納まり合格点やろう。

    どうにもならんシンナー臭は、これとちゃうか。

何せ、周りは住宅に学校。 廃業を考えていた。

塗装工場さま 鹿児島県
シンナーの臭気対策に導入
ジオクリーナ導入光景

周りは、すべて住宅
臭気対策として屋根に取付

経緯: 工場の周りに住宅ができて囲まれてしまった。立地がよ

    く移転したくなかったので、臭い対策を考えていた。

    シンナー臭をスクラバーやフィルター式以外で効果のあ

    るものを商社に相談していた。

希望: シンナーの脱臭が大前提で、実績と雑誌での評価も

    出ていたので決めた。活性炭や消臭材は、コストや手間

    がかかるのでバツ。

感想: 決め手の理由は、ジオクリーナは、脱臭装置とて完全で     
                                        
    はないが、現時点でこれに代わる脱臭装置はないだろ             
                                    
    う。だいぶ安くしてもらい入れて、10年になるがおか
                                    
    げで今も営業している。
                                   
    ホームページにこの脱臭装置を載せ環境対策のことを

    紹介しています。

    

 

いかがでしょうか。                                                                                                                                 有害物排出が完全無欠、ゼロになるものではありませんが、このように、マストクリーナなら、塗装工場の有機溶剤(VOC)の分解除去を期待以上に果せる可能性があります。大幅なコスト削減と運用の手間を省力化させることができ心地良い作業環境を演出します。

 

質問などお問合せはリモートワークへ

080-3530-6715

受付時間:9:00~17:20(土日祝を除く)