google-site-verification=y8nr2nzWuvMBi7g28FbtJZbUOIHGhINR0U2M7jyeeNo

工場の脱臭・消臭や除塵・集塵装置ならマイクロバブル方式

マイクロデザイン

〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-15ー4F(田園都市線池尻大橋駅1分)

営業時間
9:00〜12:00 / 13:00〜17:20
休業日
 土曜・日曜・祝日

お客さま専用デスク ■臨時在宅勤務用へ

080-3530-6715

有機溶剤の悪臭対策にマイクロバブル方式を採用してみて
G重機械工業さま(兵庫県)

「局所排気装置」をリプレイスして悪臭対策実現

15kwシロッコ3基使用

重機械系の大型部品製造部門で創業68年

塗装は、ロボットによる自動化を一部採用、塗装ブースの局所排気装置は、湿式ベンチュリーと「オイルブース」も数機導入していた。

悪臭対策の排気処理装置に「マイクロバブル方式」を選ばれその後について伺いました。

作業環境の悪化と近隣からの苦情が気になって

強力に吸い込ませるようにしているが
それでも塗料がたくさん着いてしまい
削り取る処理が大変

塗装治具は、2ユニットが6基24時間稼働

強力なファンにて排気しているが、 それでも排気量の低下があり作業環境は不十分であった。15kw3基の稼働だがこれ以上大きくはできない、と考えていた。 

シャッターは、開けっ放しだが換気が悪く大変な臭いがこもってマスクをしても、塗料が目についたりで困っていた。一部オイルブースがありこのメンテがまた大変。

 

じゃぶじゃぶに油を通した塗料が粉塵となって近隣に飛んでいる     工場の近くにスーパーがありシンナー臭がするのではと気になっていた。 有機溶剤の処理は、やっかいだ。

ユーザーの希望は、

  • 1
    塗料のオーバーミストと強烈な溶剤臭を確実に減らしたい
  • 2
    オイルの経費がバカ高く何とか減らしたい。フォークを使う交換作業も大変だ
  • 3
    出来ればユーザー側でカスタマイズなど装置をいじれるようなものがいい
  • 4
    メーカー専業の保守サービスに頼らず自前でやりたい

 ユーザーは条件をこう考えた

  • 1
    オイルブースや湿式スクラバー、ベンチュリーにフィルター方式などとは全く違うものを検討したい。さらに消臭剤や中和剤、凝固剤を使わない、活性炭も交換がしんどく余計な経費が掛かり続けるのでダメとみていた
  • 2
    実績があることにこだわらない、自分らで確認をすればと考えている
  • 3
    基本は、局所排気装置で有機溶剤そのもの、悪臭の低減ができること
  • 4
    スラッジ回収処理など日ごろの運用管理が簡単なもの
  • 5
    何よりコストセーブをすること、現状油代だけで年380万かかっている
  • 6
    局所排気装置のメンテナンス作業は、基本、自前でやる

 「マイクロバブル方式」を選択されました

  • 1
    雑誌の「マイクロバブル方式」を見学し、有機溶剤の持ち込みしテストをした
    塗料がスラッジとして瞬間に固まっているのは、驚きであった
  • 2
    100%完全ではないが、悪臭対策は他のユーザー例もあり十分と判断した
  • 3
    水しか使わずローコストなのと、扱いが簡単な局排なのがいい
  • 4
    塗料スラッジが実際相当捕れ、外部へ飛散は、なくなるとみた
  • 5
    日ごろのメンテナンスやデバイス交換は、調達から作業と自前で出来るのが良い
  • 6
    計量証明で、悪臭のトルエン系溶剤削減率は ▲約78%~89%であった