工場の脱臭・消臭や除塵・集塵装置ならマイクロバブル方式

マイクロデザイン

〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-15ー4F(田園都市線池尻大橋駅1分)

営業時間
9:00〜12:00 / 13:00〜17:20
休業日
 土曜・日曜・祝日

お客さま専用 臨時スティホーム電話 

080-3530-6715

印刷工場の有機溶剤、脱臭装置ならマイクロバブル方式 

有機溶剤の悪臭
印刷機からの有機溶剤の悪臭
悪臭へのクレーム
有機溶剤の悪臭

悪臭苦情やインキスラッジ処理でお困りでは?

  • 印刷での有機溶剤(VOC)悪臭排出処理対策のために・・・
  • 有機溶剤系インキ 特にグラビア印刷のインキスラッジ対策に  ・・・
  • 湿し水・洗浄剤での揮発性有機溶剤(VOC)使用中の排出対策に・・・
  • 既存処理方法は、多額の運用費用がかかるので、見直しのために・・・  
印刷機センターの集中ダクト部分に装置を設置(24時間運転)

有機溶剤処理を実現

​「ジオクリーナ」は、「マイクロバブル」を採用し添加剤や活性炭、フィルターなしでインキの有機溶剤処理、特に悪臭対策を実現しています。

グラビア、コーター、ラミネーター、オフセット印刷などや光沢加工、スクリーン印刷等の事業では、軟包装材や建材、出版印刷物業界向けで使用しているインキおよび湿し水、洗浄剤には多数の有機溶剤が含まれており激臭を拡散します。

ミネラルスピリット、ジクロロプロパン、ジクロロメタン、エチレングリコール、       モノエチルエーテル、ブタノール、キシレン、ノナン、酢酸エチル、トルエン、        イソプロピルアルコール、メチルエチルケトン、メタノール、酢酸ノルマルプロピル、     酢酸ブチル、エタノール、プロピレングリコール、モノメチルエーテル、           メチルイソブチルケトン、メチルシクロヘキサン他、高沸点石油系溶剤

これら有機溶剤系化合物では(VOC)対策、とりわけ激臭、悪臭への対策が必要です。

真横でそのまま吸入
排気処理を実現

悪臭対策、脱臭装置として

ジオクリーナで採用のマイクロバブル方式は、印刷工場で発生する有機溶剤(VOC)、特に悪臭の排出処理対策として物質そのものを酸化分解する性質を利用し悪臭やインキスラッジの回収処理を実現しています。

マイクロバブルが悪臭物質や有害物質そのものを酸化分解処理するためVOCや有機溶剤、臭気対策などに有効です。

マイクロバブル方式は、経済産業省、国交省、環境省など国や自治体などの表彰を受けています。

 

印刷用紙の収縮や膨張は、湿度調整が 大切で、マイクロバブルの噴霧が、  調整に有益

高額なランニングコスト対策に

活性炭方式で脱臭の場合、高額なランニングコストに頻繁な交換の手間がかかり大変です。

洗浄で使用するトルエン、キシレン、酢酸エチル、イソプロピルアルコール、メチルエチルケトン、アセトンなどの濃度低減対策としても「ジオクリーナ」は、非常に効果的です。

工場、近隣への臭気対策だけでなく就労者への労働安全    環境の向上にも大変有益となります。

       基本フィルターを使用しないため        交換は、ありません

スラッジ、フィルタ交換手間なし

「ジオクリーナ」は、換気装置、局所排気装置の代替えとしてお使い頂けます。

悪臭は、工場内拡散しないようフードやパーテーション等で囲い、ジオクリーナへ送風し排気処理する方法がよい。

大幅なコスト削減と手間の省力化は、ご高い評価を頂いています。印刷での有機溶剤(VOC)悪臭排出処理対策のために・・・ ぜひ、ご検討下さい。

       基本フィルターを使用しないため        交換は、ありません

メンテナンス、運用管理

メンテナンスは装置の部品や消耗品の交換、定期点検を言いますがメーカーメンテナンスの契約は、原則ありません。必要なデバイスは、特殊な部品はなく相当品をお客様側にて直接調達、手当てして頂いています。もちろん私共からの提供も可能です(すべてスポット対応)。

日常の運用管理としては、定期清掃、受水槽の水交換、定期点検になりますが装置の安定稼働のためお客様に必ず行って頂くことを基本としています。

取扱説明書、導入時の操作説明でのご案内をくれぐれも順守頂くことをお願いします。順守なく不具合を生じた場合は、別途個別に費用が生じることがあります。

揮発性有機溶剤(VOC)の排気処理に効果的です

質問などお問合せはこちら

080-3530-6715

受付時間:9:00~17:20(土日祝を除く)

導入されたお客さま事例

溶剤の悪臭対策に
音響機器製作所系 プリント紙印刷  静岡県

ダクトセンター部分に脱臭機として取付
有機溶剤の悪臭対策

脱臭装置として消臭剤を投入していた
所をリプレイス

概要:  1,800m3/mの排気ダクト。活性炭フィル

    ターを使用で 、どうにも効果がなくリプレイス

    をされたいとのことで、ダクトに 取り付ける。

狙い: 印刷インキの溶剤排気を下げること、が以前より

    課題であった。 関係機関(近隣学校から苦情)

    からの申し入れやVOC排出基準順守ののコンプ

    ライアンスがあったためによる。

                                       

感想: 溶剤の飛散は、データー値で相当減った。導入して 3年経つが問題はなく以前、周

    りは何もないところだったのがマンションに囲まれ ニオイ飛散が大変気になっていた

    

グラビア系印刷での溶剤処理が大変で
軟包装グラビア印刷会社  静岡県

印刷機からの溶剤臭

トライアルの際は、天井にフードを付けダクトに脱臭装置を
接続していた

ご担当は工務課

概要: 全国の工場で、この工場が 一番規制が 厳しい。

    郊外にあるが、自主管理で かつモデル工場とし

    て VOC削減策を 実施している。

狙い: ワンフロアーがすべて印刷ブースとなっているの

    で、少しずつ印刷機設備をリプレイスさせていく

    計画がいいと考えている。

感想: 1ユニットに1式を導入し 様子を見ながら、増や

    している。

    設備の償却に合わせて計画が立てられるので、 

    導入しやすいと思う。印刷の仕上がりに湿度の影

    響がなく印刷にはいい、とのことでした

溶剤の悪臭とスラッジ処理で困っていた
建材系印刷会社   神奈川県

スラッジ処理は課題であった
揮発性有機溶剤(VOC)対策

集中ダクトの途中に脱臭装置として設置

概要: 排気装置のメンテナンスやインキの清掃に停止や

    ダスト、スラッジ回収に大変でフィルター以外の

    装置を検討していた。

狙い: 活性炭は運用コストが高く、掃除や交換など手

    間もありトータルでコストダウン出来ることを考

    えていた。VOC処理装置では、「コスト」

    「設置場所面積」「能力」「運用上の手間」を

    基本に検討した。

感想: 印刷工場は、24時間稼働したり、長い期間休ん

    だりと計画が立てにくい業種。     

    溶剤濃度や運転時間、耐久性をみながらトライを

    行い、いくつか制御デバイスを追加し最終の構成

    を決めた

      インキ(有害物)の 構成成分が微妙に違うものがあるので処理の排水成分をもう少し

    細に検査し逐次対策を取るようにしたい。装置自体は、メンテナンスフリーで専門担当

    も不要なのは、いい。 

    いずれにせよVOC削減には評判通りの効果ありとみている。

いかがでしょうか。                                                                                                                                 有害物排出が完全無欠、ゼロになるものではありませんが、このように、ジオクリーナなら、有機溶剤(VOC)の分解除去を期待以上に果せる可能性があります。大幅なコスト削減と運用の手間を省力化させることができ心地良い作業環境を演出します。

質問などお問合せはこちら

080-3530-6715

受付時間:9:00~17:20(土日祝を除く)