工場の脱臭・消臭や除塵・集塵装置ならマイクロバブル方式

マイクロデザイン

〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-15ー4F(田園都市線池尻大橋駅1分)

営業時間
9:00〜12:00 / 13:00〜17:20
休業日
 土曜・日曜・祝日

お客さま専用 臨時スティホーム電話 

080-3530-6715

塗装ブースの課題と解決方法

そもそも塗装ブースの役目は

何と言っても「塗料」とその「溶剤」対策です。

塗装ブースの役目は、塗装スプレーした塗料ミストを工場内に拡散させないこと、「ドブづけ」や「刷毛」での塗装では、溶剤臭を「拡散」させないことにあります。                 

工場内で働く就労者全員の健康を守るため取り決め設置が法令で定められています。        粉塵など有害物の発生場所も作業箇所を「フードで覆う」ようにと、同じ理由で有害物を「閉じ込め」工場内に拡散させないようにするためです。                

 

作業場所を囲い閉じ込めることが基本

しかし、「閉じ込め」たらロボットでない限り作業者はたまったものではありません。       仮にロボットでもミストの充満で塗面に付着し「ブツ」を作り仕上がり品質に影響が出てしまいます。塗料は、時間が経つとミストが「粉塵」となり浮遊していきます。溶剤は、「悪臭」の元凶で作業が出来なくなります。                                      人が吸い込んだり皮膚に着けば体に吸収され、その体への危険性は高く法令で取り扱いが細かく規定されています。

ブース内の空気は、「換気」し清浄な状態を保つことが大切です。

各法令の守備範囲、鳥瞰図は、以下の通り

塗料にまみれての作業

塗装ブース内の換気は、労基問題

ブース内での就労者の作業環境のため換気する必要があります。特に、囲われ密閉の中での作業は非常に危険です。換気についての風量や風速は、労基等の法令で定められています。 高機能な塗装ブースを導入されて、「お金をかけているから大丈夫だ」は間違いで、実は換気能力が十分か?は、別問題です。

塗面品質維持のためにブース内の汚れた空気を換気する必要もあります。

しかし、換気すればと言っても問題があり

1.換気扇で換気されているところは、近隣に悪臭が拡散してしまうので、換気能力を落としていま

  す。近隣を気にして換気扇を止めているところさえあります。

2.ドライフィルターを付けているところは、フィルターに塗料が大量に付着し目詰まりを起こし排気

  能力が落ちています。まったく排気しないところが多々あります。ブースの内外圧バランスが狂っ

  てしまいます。さらに溶剤の気化した悪臭は、外部へ拡散されていきます。

3.ややお金を掛けて湿式スクラバー、ベンチュリーを導入されているところは、塗料が粉塵となり

  また、溶剤も気化し近隣へ拡散されていきます。

ブースの排気ファンやフィルター、スクラバー式の排気装置に根本的な原因があります。      高機能な塗装ブースを導入されて、「お金をかけているから大丈夫だ」は間違いとなります。    作業場所の換気を良くするのは、労基の法令の基本ですが、ただ、そのまま排気すると近隣にえらいことになってしまいます。

 

きれいな空気を入れ、汚れた空気はピット下から徹底して外部へ排気

近隣への排気対策は、環境問題

 1.近隣に悪臭が拡散している、苦情がある

 2.粉塵がダクトから飛散している、クレームが出ている

有害物拡散は、近隣住民、農水産への環境問題となります。                   塗装ブースのこれら排気装置を見直す必要があります。工場作業現場では、様々な化学物質や危険物質が発生しており、これらの物質はガス状、粒子状など様々な形態で飛散、浮遊し近隣住民に影響を与える可能性があります。

塗装ブースの課題6の特徴

塗装ブースの問題点、課題点の共通した特徴をユーザー例でご紹介します。

塗料オーバーミストの解消、粉塵処理の問題

塗料に包まれて大変です

塗料のオーバースプレー分は、ブース内に充満してしまします。法令では、塗料ミストにまみれないよう塗料ミストを含んだ空気を塗装ブースから排気する、新鮮な空気を給気するように決められています。

排気すべき風量や風速などが定められていますが、現実には守られていません。マスクをしている、メガネをかけている、休憩をとっているなどと管理者は言われていますが、塗装従事者にとっては非常に危険なことです。徹底した外部排気をするべきですが、近隣を考えるとできないのが実情です。フィルターに粉塵が堆積し圧力損失を生み、塗装ブースの果たす役割は、なくなってしまいます。

 

解決方法(すること)

徹底した排気 ブースの体積に合わせ排気する空気量が決められています
できれば給気を併用 ブースに自然吸入やファンによる強制吸入が必要です

法令規定の風速と風量を塗装ブースにて実現することが大前提です。                                            詳細は、資料のページに用意してあります。ブース内にミスト溜まりがないことは、塗面へのブツ発生を防止するためにも大切で、対策を採りましょう。

水性塗料の使用が増えつつありますが、ミスト、粉塵、スラッジ等の回収処理にも有益です。

有機溶剤、呼吸による吸入と悪臭問題

溶剤吸入は、神経系に最悪です

 

有機溶剤が有害であることは、誰もが周知のことですが、排気や換気に適切な対策が取られていないのも現実です。1.作業環境への意識の低さ、無理解など不勉強さにあ り「気にされていない」のが実態です。

2.活性炭や消臭剤、中和剤さらに湿式スクラバーで何 とかなるとの情報があるのも事実です。

3.手ごろな価格で確実に溶剤が低減できる装置が見当 たりません

劣悪な作業環境においては、粉塵・ガス・悪臭など多種多様な有害物質が存在し、作業者の作業能率を阻害しています。各発生源の有害物に作業者がふれないよう又、周囲に拡散しないよう制御、悪影響を出来る限り対策し除去し作業者に快適環境を設けることが大切であって法令事項でもあります。

解決方法(すること)

消臭剤や中和剤等で臭いを減らすというのは、化学反応が起きない限り実現は考えにくいところで、溶剤分子を根本的に低減する方法を採用しなければなりません。RTOの方式は燃焼による酸化分解で根本的解消になりますが、どうにも高額であります。手軽に導入検討できる排気処理装置を考えるしかありません。

ブース内の換気能力の問題

大原則は、換気です

1.まともに換気や排気をしていない作業場は、論外として「近隣に有害臭が拡散する」から、とのことで作業場を締め切って作業をしているところがあります。ロボットでの作業ならいいかもしれませんが、海外からの技能実習生まで中に入れ缶詰状態で作業をさせているところもあり事業主の見識が疑われるという別な意味で問題があります。

2.装置の排気能力がそもそも小さいこと、もしくはメンテナンスをしないことで装置の能力が発揮できないことで排気、換気能力がないことがあります。

       

解決方法(すること)

排気装置、換気装置が機能していない、もしくはそれらのことを知らない管理者がいます。作業者のためにまず、排気、換気を大前提に適正に保つための施策をすることです。外部への有害排ガス対策は、その次の施策として排気処理装置の選定を進めることになります。

外部への粉塵飛散、悪臭拡散問題

近隣対策できる排気処理を検討

徹底した換気は外部に有害物を拡散させることになり、近隣苦情となります。操業停止や工場移転も考えざるを得なくなります。工場内環境を法令規定通り保てば、戸外で問題が出ることは、大きな矛盾です。有害性の高い排ガスをきれいに浄化する装置は、RTOを採用しない限り中小規模作業所では、解決方法が見当たらないのが現実です。 塗装工場からの排気中に含まれる塗料ミストは排気ダクトや屋根を汚し、塗料の溶剤は近隣住民からの臭気苦情になります。

解決方法(すること)

フィルターで溶剤は処理できない 大気へ放出するしかなくダクトを高さ屋根1,5mにする
湿式スクラバーで溶剤は処理できない 時間とともに悪臭が拡散するので、同上
湿式スクラバーで塗料スラッジ処理どうする こまめに網等ですくいあげるが、余りは拡散していく

フィルターで取れるか?ですが、塗料ミストは捕集できたとして乾くと粉塵として再飛散し、溶剤は気化(ガス化)しているので処理はできないのが現実です。溶剤臭に中和剤や活性炭使用では、運用上の手間やコスト負担はともかくも根本的解決になっていないことはユーザのコメントです。湿式スクラバーにおいても課題が残ることは、使用ユーザーが理解されています。私どもは、マイクロバブル方式により溶剤物質を酸化分解する排気処理装置が効果や運用費などの点で最善と考えています。局所排気装置の弱点は、ニオイや粉じんがそのまま排気されてしまうことで、塗装ブースの 排気装置を見直しましょう。

外部への排気装置の見直しで工場内も近隣も安心!

解決しました(ユーザー例)

8mあるベンチュリーを
リプレイス

フードで囲いプッシュプルに

毎年、随時入れ替え進行中

近隣住宅と商業施設への配慮で、悪臭と粉塵飛散をなくすため装置のリプレイスを継続して進めており最終ラインの部分に取り組んでいます(大阪市2015年から)。

塗料スラッジ、粉塵等の回収処理での問題

スラッジ、粉塵処理はしっかり行う

フィルター式の場合、塗料スラッジはフィルターによって捕集されますが、乾くと再飛散し外部へ排出されていきます。湿式スクラバーでも各部の壁面やファン、ダクト内に付着したスラッジがやがて再飛散を始めます。きれいに取りきるためには、フィルター交換や装置内部のこまめな清掃が必要です。

注 ジオクリーナの場合、オーバースプレーされた塗料スラッジが想定以上に捕集されてしまうため、回収のために2次処理が必要になる場合もあります。

 

 

解決方法

付着したスラッジは、こまめにへら等で削り落としたり、水に堆積するスクラバーでは、網等ですくうしかありません。凝固剤を使うなどでは、経費負担と廃棄処分など手間がかかてきますが、仕事の一部であるという意識をもたれ実行するしかありません。余裕があれば手軽にオートで捕集できるスラッジ処理装置を検討することも可能です。

日常の管理、清掃、整備などのメンテナンスの問題点

日常の管理は工程化しておきましょう

大方のお客様では、こまめに点検や整備、清掃を心掛けているところが少ないように見受けられます。「掃除は苦手」「簡単なやりたがあれば・・」などのコメントが多いのです。 装置に塗料スラッジが付着すると、ファンでは排気能力が落ち、ファンの軸に負荷がかかりブレを生じ軸やベルトを痛めることになります。ダクト内壁に付着すると静圧値に影響が出てかつ排気風量の著しい低下、ダクト壁からの「うなり音」「波動」などの障害が出てきます。もちろんフィルターは正常な働きができず、排気が低下の元凶となっています。

解決方法

装置のパフォーマンスを発揮させるには、日ごろのメンテナンスをルーティンとしてしっかり行うことが大切です。従業員の健康をまもること、近隣への環境対策のためにもぜひとも心掛けることが必要です。

本装置のメンテナンスは装置の部品や消耗品の交換、定期点検を言いますがメーカーメンテナンスの契約は、原則ありません。必要なデバイスは、特殊な部品はなく相当品をお客様側にて直接調達、手当てして頂いています。もちろん私共からの提供も可能です(すべてスポット対応)。

日常の運用管理としては、定期清掃、受水槽の水交換、定期点検になりますが装置の安定稼働のためお客様には必ず行って頂くことを基本としています。

取扱説明書、導入時の操作説明でのご案内をくれぐれも順守頂くことをお願いします。順守なく不具合を生じた場合は、別途個別に費用が生じることがあります。

 

いかがでしょうか。                                                                                                                有害物排出が完全無欠、ゼロになるものではありませんが、このように、ジオクリーナなら、有機溶剤(VOC)の分解除去を期待以上に果せる可能性があります。大幅なコスト削減と運用の手間を省力化させることができ心地良い作業環境を演出します。

以上