工場の脱臭・消臭や除塵・集塵装置ならマイクロバブル方式

マイクロデザイン

〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-15ー4F(田園都市線池尻大橋駅1分)

営業時間
9:00〜12:00 / 13:00〜17:20
休業日
 土曜・日曜・祝日

お客さま専用

03-3710-8808

除塵・集塵装置にマイクロバブル方式を採用してみて
B電機化学さま(静岡県)

「集塵機」をリプレイスして粉塵対策を実現

フード部分に集塵1次フィルター
その後ろにダクトとフィルターボックスを
通して工場屋上にて外部排気

創業85年で電機装置の筐体の部品製造部門の工場

切削と研磨の工程で削り粉塵が大量に出ている。吸塵 ファンで吸い込ませ、ダクト途中のフィルターボックスで粉塵をしっかり捕集するようにしているのだが。

集塵処理に「マイクロバブル方式」のスクラバーを選ばれましたが、その後についてお話をお伺いしました。

作業環境の悪化と社会的コンプライアンスが気になり

強力に吸い込ませるようにしているが、かえって強力に外部へ
粉塵等が除塵できずに飛散、 拡散している
 

強力なファンにて吸引しているが、 フィルターが詰まり、払落しを頻繁にしなければならない。       ダクトの中は粉塵が堆積しており、時々かき出す掃除をしている。   工場戸外に粉塵が飛散するので何とか粉塵を処理したい。 

ここの工場は、会社の基幹工場で近隣学校関係の社会見学を受け入れているので粉塵飛散は、企業イメージ上問題がある。

 

吸引力が落ちてくると吸い込めず粉塵が工場内周りに拡散し、辺り一面粉塵におおわれて他のラインに悪影響を与えている。            よって、除塵力が安定しともかく吸引力が落ちない、他に粉塵飛散がないことが大前提。

ユーザーの希望は、

  • 1
    樹脂系の切削粉塵の集塵処理を確実に達成できること
  • 2
    フィルター装置は目詰まりが起きるだろうから他の仕組みを検討する
  • 3
    出来れば頻繁の掃除、点検メンテは極力減らしたい
  • 4
    メーカー専業の保守サービスに頼らず消耗品も自前でやれるようにしたい
ユーザー会社プロファイル
  • 創業98年
  • 生活設備機器、その他製造業  従業員単体8,900名 グループ34,000名
  • 国内、海外(ヨーロッパ、北米、アジア等)拠点多数

 ユーザーは条件をこう考えてみた

  • 1
    フィルターは吸着したものが時間とともに再飛散することになるので考えない。
  • 2
    実績やメーカー説明ではなく、自分らのトライで確認を進めていきたい
  • 3
    集塵装置で確実に粉塵を捕集できダクト内に飛散堆積していかないこと
  • 4
    粉塵スラッジの回収処理で管理が簡単な除塵機がいい
  • 5
    サイクロン式は大掛かりであり何よりコストセーブしていきたい
  • 6
    メンテナンス作業は、自前だけでやれるようにしたい

サンプル粉塵で吸入のテスト
   集塵機で粉塵がしっかりと  除塵されているか確認

工場に集塵機持ち込みで
実際の粉塵吸引テストを行う

完成の集塵機を設置場所へ導入

 「マイクロバブル方式」の集塵装置を選択されました

  • 1
    雑誌の「マイクロバブル方式」のスクラバー集塵機を見学し、実際の粉塵を持ち込みテストしてもらった不思議と粉塵が排出されず、集塵装置内で確実に捕集でき、驚きであった
  • 2
    他のユーザー例もあり構成を変更すれば十分と判断した
  • 3
    何より水しか使わずローコストなのと、扱いが簡単な方式と判断!
  • 4
    粉塵スラッジが相当量回収されている。これが外部へ飛散では、大変であった
  • 5
    日ごろのメンテナンスやデバイス交換は、調達から作業まで自前で出来る
  • 6
    計量証明で、粉塵除去、削減率 ▼約84%~96%であった

 

いかがでしょうか。                                                                                                                                 有害物排出が完全無欠、ゼロになるものではありませんが、このように、ジオクリーナなら、有機溶剤(VOC)の分解除去を期待以上に果せる可能性があります。大幅なコスト削減と運用の手間を省力化させることができ心地良い作業環境を演出します。