工場の脱臭・消臭や除塵・集塵装置ならマイクロバブル方式

マイクロデザイン

〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-15ー4F(田園都市線池尻大橋駅1分)

営業時間
9:00〜12:00 / 13:00〜17:20
休業日
 土曜・日曜・祝日

お客さま専用 臨時スティホーム電話 

080-3530-6715

VOC処理装置の選定条件とは 

有機溶剤(VOC)処理装置で求められる条件とは?

中堅、小規模クラスのグラビア印刷会社様、特に軟包装グラビアにて要望されている装置の条件をまとめてみました。

建材グラビアや出版グラビア等の大手企業は除き、お問い合わせやアンケートから安くて、使い勝手が良いことが条件

でまとめていますので、参考にしてください。

  • 1
    VOC排出抑制装置の「大きさ」が小型であること
  • 2
    装置本体とランニング費用が「安い」こと
  • 3
    風量や除去処理能力が希望通りであること
  • 4
    メンテナンスの手間が少なく、耐久性があること
  • 中小規模クラス会社向けの対応をしてくれること

お客さまの声

印刷機と乾燥設備で余裕がない

設置場所がない

自分にぴったりのサイスを選べる
ジオクリーナ

設置しようにも、場所がないというのが100%です。    問い合わせで、工場内に確保するか、屋外か、屋上を考えるしかないのですが、効果を確実に上げ導入できる大きさの装置があるかです。ダクトの引き回しを考えると工場内が一番となりますが、現実は、VOC処理せず戸外へそのまま排気しいるのが実情です。

VOC濃度排出規制は、排気量450m3/分で700ppmc以下にせよが対象なので、小規模の工場は、規制対象以下なので気にしていないのですが、近隣から悪臭とクレームが出ているところは、廃業や移転か別として出来る対策が必要です。

お客さまの声

VOC排出規制に予算をかけられない

予算が限られている

マイクロバブル方式は、経費が
上がらない。

軟包装グラビア印刷業は、売上、利益が上がらない業界でそこにさらに設備投資は厳しい。業界的にフルに稼働しているのは限られ、停止や休止の繰り返しで、経費増は極力抑えたい。    しかし、換気扇に活性炭フィルターでは、効果がどうかと、活性炭代や交換の手間が大変でしょう。             スムーズに問題を解決することでいろいろな方式を探すことにした。装置の耐久年数や経年変化でアフターコストはバカにならないと同業でも聞いていた。

お客さまの声

入れても機能が簡単に落ちるのは問題!

処理能力がおちると困る

サンプル溶剤にてテストを行います。

グラビア印刷機は、色ごとに印刷機が必要で一般には4ユニットとなっている。小規模と言ってもこのスペース分の換気をするとなるとかなり大型の排気流量が必要となる。         そもそも100%なくせ、とは業界でも要求してないのでまず 90%達成できればとみている。              揮発性有機溶剤(VOC)低減装置として長く使え、機能が保てることが条件だ。「マイクロバブル方式」は、雑誌や同業から聞いていたので一度見てみたいと考えていた。サンプル溶剤を使って試してみたが、十分かと思う。

お客さまの声

耐久性高く、使いまわしができるのがいい

メンテナンス性に優れていること

 ステンレス製で装置は長くご利用  いただけます。

VOC排出規制は、非生産設備を入れなければならなくて、どうしたものかと途方に暮れるところ。事業がどうなるかわからいが少なくとも20年は、事業をしていきたいのでその位の耐久性があればありがたい。

現在のVOC処理装置は、高性能、高額なものが多く、中小規模工場で手の届く装置が必要です。高額は、イニシャルとランニング費用で特にメンテナンスも専門性が求められています。

お客さまの声

中小企業に親身になって対応してもらえるか

身の丈に合う、効果出るものがほしい

自分にぴったりの装置を見つけることができました。

大手の企業だと専門のスタッフがいて、年間を通じ予算がある中で我々のところはそうはいかない。装置は手の届く、わかりやすいもので、可能ならメンテは我々で行いたいと考えていた。

安価で効果があり、かつ小型が一番の希望で装置メーカーはその希望で装置を開発してほしい。

お客さまの声

既存の設備に追加で設置が可能ですか

新規にラインを組みなおすことが出来ないので

空いているところに設置できた

建材のプリント用に考えているが、悪臭対策は以前も検討したがぴったりのがなかった。ランニング費用がかかり手間が多いのは困る。安価で効果があり、既存の設備をいじらずに追加できるのがよい。VOC濃度は、高くはないが工場全体に充満しているので排気処理するにしても大がかりな設備になってしまう。    ジオクリーナは、空きスペースに設置できかつ扱いやすい装置とみている。

求められるメンテナンス

                                                                                                                                          有害物排出が完全無欠、ゼロになるものではありませんが、このように、ジオクリーナなら、有機溶剤(VOC)の分解除去を期待以上に果せる可能性があります。大幅なコスト削減と運用の手間を省力化させることができ心地良い作業環境を演出します。

しかしながら、装置の安定稼働のためにメンテナンスは、必須です。               メンテナンスは装置の部品や消耗品の交換、定期点検を言いますがメーカーメンテナンスの契約は、原則ありません。必要なデバイスは、特殊な部品はなく汎用品をお客様側にて直接調達、手当てして頂いています。もちろん私共からの提供も可能です(すべてスポット対応)。

日常の運用管理としては、定期清掃、受水槽の水交換、定期点検になりますが装置の安定稼働のためお客様に必ず行って頂くことを基本としています。メーカー拘束の保守契約は、ありません。