よくあるご質問(脱臭、集塵、除塵、スラッジ処理)

効果,使い方について

隣に保育園が出来るので臭気対策何とかなりますか!!

すべての方が工場の臭気対策について気にされています。
「臭い」という苦情は、感情的になるとおさまりません。臭気対策は、排出の絶対量を減らすしかありません。ジオクリーナ、100%無臭にはなりませんが脱臭として環境基準を果たしています悪臭への臭気対策、感情的になる前にぜひ「臭い」の絶対量を減らしましょう。
この臭気対策は、2009年に環境省、国土交通省、経済産業省他自治体から表彰されています。

 

フィルターが詰まる、ということはないか?

ジオクリーナは、フィルターを使いません。
塗料ミスト、粉じんなどを吸い込ませ、マイクロバブルと反応させ分解処理しています。
実は、塗装ブースの8割以上がフィルター式で、目詰まりで法令上の排気風速がなく、集塵対策、排気対策が出来ていません。 厳密には労基違反です
これから先も操業を続けられるなら、有機溶剤、粉じん対策をご検討下さい。

役所の指摘があり労基の基準は、どうか?

労基、作業環境基準は管理区分Ⅰを取得しています。                    揮発性有機溶剤(VOC)、粉じんなどの脱臭、集塵対策として効果を発揮しています。    東京、神奈川、埼玉、茨城、千葉、福島、 山形、新潟、長野、山梨、静岡、愛知、岐阜、大阪、兵庫、岡山、福岡、沖縄などで導入されています。
 

 

作業者から苦情があり良くなるか?

作業環境を第一に考えており、危険な環境では、離職者が多く、生産性、技術が向上しません。
作業者にマスク、メガネ、休憩など徹底しても限界があることは、ご存じと思います。     基本は、作業環境下の悪臭、粉塵の徹底した換気です。しかし、工場外部へ有害物の排気はNGです。特に揮発性有機溶剤(VOC)、粉じんなどは、そのものをなくすことです。
ジオクリーナは、工場臭気対策、粉じん対策で 労基管理区分Ⅰを取得しています。       排気処理量や塗料の種類などで違いがありますが、約6割~9割位は 
低減されます

 

設置方法や使い方が分からない?

工場のどの部分に取り付けた方がよいか、平面図やお写真をお送ってもらえるなら、イラストで示すことができます。お問い合わせ下さい。

 

仕組みについて

どんな仕組みですか?

有機溶剤を含んだミスト、粉じんが水でできた目に見えない位の小さな泡(マイクロバブルの霧)に当たることで酸化分解が起きる仕組みです。火で燃やし処理するのではなく、水の小さな泡で酸化分解させるのです。

排水は、そのまま流して 大丈夫か?

水について水質検査を受けクリアーされBOD,CODとも問題はありません。しかし、各自治体に確認されることをお勧めします。中小規模の工場ですとそのまま排水されているのがほとんどで大型工場の場合は、分離槽での処理など適応基準があります。

湿式スクラバー、ベンチュリーとの違いは?

基本は、塗装のオーバー分をミスト状態でマイクロバブルと混合させて分解する仕組みです。  塗料は瞬間に固形化されて捕集されます。有機溶剤は、酸化分解されて行きます。
詳しくは、下記を参考にして下さい。

今のブースに 取付けられるか? 

排気装置を 取り外してそこに取り付けることになります。設置場所は、装置の大きさにより異な ります。

ブースに付いている排気ファンは、どうすればいいか?

取り外し交換すことになります。既存のダクトは、出来るだけ流用するようにします。

大きさ、スペースは、どの位ですか?

塗装ブースに付けるストレートタイプだと畳2畳分位のスペースが必要で、高さは、約3mです。

メンテナンス、日常の管理は、

水は、基本循環使用しています。装置の大きさや使用量によりますが週に1回は、水を交換して下さい。 また、水は気化蒸発するため適宜水を補充して下さい。塗装で使う場合は、カートリッジに 塗料スラッジがたくさん捕れますのでこれを適時廃棄処理して下さい。

小型の装置は、ありますか

設置面積70センチ2 高さ170センチ位で、風量は20m3位です
めやす、家庭の冷蔵庫位です。

局所排気装置を交換して取付

 移動式に製作 トラック   塗装と粉じん対策向け

塗料スラッジ回収向けに      展示場でのデモ用

  塗料の調色用に小型機を  製作100V仕様

実績について

実績について

お客さまから 非公開とされているためメールにて お問合せ下さい。                  10年で町工場から上場企業、海外含め150ユニット強です。                

 ・湿式スクラバー(ベンチュリー)リプレイス               5割   

 ・ドライブース式、活性炭式等でのリプレイス                              2割       ・フードへの取付(局排)                                                          2割       ・工場内へ据え付けのみ                                                         1割     

導入した ユーザーの特長は?

中堅工場では、今まで 一生懸命 仕事をされてきて、これからも 続けていきたいと 熱意のあるお客さまが多いです。その場で 即断、即決されて導入されています。
大手の工場の場合では、ベンチュリー式からの入れ替えが圧倒的に多く、今までとは違うマイクロバブル方式に価値を見いだされています。100%完璧ではありませんが、装置への工夫もお客様が独自になされているところもあります。 

                    何よりも安心がすべてです

費用、補助金について

費用は、いくら位ですか?

小型のもので100万位で 他は、サイトに掲載しており具体的にはお問合せ下さい。
1.販管費を掛けず、薄利事業のためご注文時に材料費をお願いしております。       2.個別カストマイズや装置の製作、搬入、据付、稼働確認等も承ります。
3.協業やOEMについても可能です。

自治体からの補助金制度

自治体からの補助金対象になる場合がありますので、各自治体にご確認下さい。 大手の工場は、ともかく、中堅、中小でしたら可能性はありそうで申請されては如何でしょうか?
東京都、大阪府、千葉県、静岡市、横浜市、広島県等々・・・ 

メールお問合せはこちら

質問などお問合せはこちら

03-3710-8808

受付時間:9:00~17:20(土日祝を除く)