ひどい悪臭
悪臭がひどい
近隣迷惑な悪臭
悪臭クレーム

悪臭、臭気対策 その特徴は?

有機溶剤その悪臭を元から減らす、脱臭を実現

除去率96% →  VOC入口濃度:2,300ppmc  出口濃度:98ppmc    改正大気汚染防止法・規制対象施設の基準をクリア                    排水は、BOD(生物化学的酸素要求量)36mg/Lで基準値の160mg/Lを下回る

国から表彰された局所排気装置

環境省、揮発性有機化合物(voc)対策で特別表彰、国土交通省で関東運輸局長表彰など国や県、団体含め受賞しています。塗装ブース向けに効果を発揮しています。

安価なコスト評価は、圧倒的

局所排気としてのフィルターは不要、火気や消臭材、芳香剤、活性炭、中和剤等も使いません。塗装ブースの悪臭対策に微生物処理やオイル、泡、凝固剤・・・なども不要です。

塗装ブースに局所排気装置では、課題が

粉じんまみれ

  塗料の溶剤噴霧にまみれている    

有機溶剤は、意識を失うほどの
危険性あり後遺症の可能性も

工場内の悪臭の原因は、換気能力の低下です。

塗装での臭気や悪臭対策は、徹底した排気(換気)をす

るしかなく、これは、令事項でもあります。    

ところが塗装でのフィルターの目詰まりやスクラバーの

ファンやダクト内へのスラッジの付着は臭気や悪臭その

のが十分に排気出来なくなっています

しかし、シンナー臭の臭気や悪臭をそのまま排気すれば

隣へ臭気や悪臭の拡散なり大変苦情となってしま

ます。近所への臭気や悪臭を気にして、換気扇を止め

てしまっている、作業所もありおかしな話です。

そもそも、

 ♦シンナー等の有機溶剤の臭気、悪臭対策に活性炭や

  フィルタ、スクラバーなどの排気装置には、溶剤を

  低減できる限界があります 

 ♦芳香剤、消臭剤は根本的な解決にならず

 ♦燃焼式(RTO)採用の予算あれば別ですが・・・

有機溶剤の臭気や悪臭対策にローコストで手間がかからない方法が必要です

 

臭気や悪臭対策は、ジオクリーナが 解決

脱臭装置

JIO type12 OEM
消臭、脱臭装置例

私共は、工場の臭気、塗装や食品、金属、化学工場系の

臭気対策の排気処理、脱臭装置として「ジオクリーナ」

開発しています。

中和剤や 消臭剤、活性炭、さらにフィルターなしで

マイクロバブルが臭気や悪臭を分解、除去する装置は、

特に工場の排気ガス処理として、また塗装ブースから

のシンナーなどの悪臭対策や溶剤による洗浄工程の臭気対策で脱臭を根本から解決実現する

ものです。決して有機溶剤が100%完全に消え無臭になりませんが、環境改善に役立つ

脱臭処理方式と考えています。

 
「ジオクリーナ」は、マイクロバブルが作業所の「悪臭を分解浄化」するものでシンナーな
 
どの有機溶剤向け新方式「排気処理装置」です。洗浄工程でのブチル、キシレンや塗装で
 
シンナー類の有機溶剤低減で必要な法令、労基対策を実現しています。

その悪臭(VOC)の脱臭能力は、1基あたり70m3/m~ 500m3/m 相当です。

新しい局所排気装置として各塗装ブースに脱臭装置としてアドオンしてご使用できます。

排気吸入口より悪臭を強力に 吸い込み臭気を低減します

赤色塗料の混じったマイクロバブルの受水槽で
金魚が生育されています

悪臭や臭気への脱臭 その効果は

  • 1
    最大92%減 悪臭の元、有機系溶剤そのものを分解、低減
  • 2
    悪臭、その臭気対策、近隣クレームに画期的
  • 3

    害物質から作業者を 保護、作業環境は、労基法上管理区分Ⅰを達成し

  • 4
    安全、快適な工場の土壌、水質汚染対策 (BOD・COD改善)を実現
  • 5

    火気や消臭材、芳香剤、活性炭は不要で二次公害を生まない脱臭装置 

  • 環境改善で作業品質、生産性をアップさせ、従業員も定着
  • 初期投資やランニングコスト、メンテナンス性で驚きの高評価

排気処理装置の仕組み

悪臭対策にマイクロバブル

        マイクロバブルシャワーが     
有害物を吸着します

マイクロバブルが持つ特種な酸化分解作用を使い有害な

ガス、悪臭を分解除去、処理する装置として開発。

悪臭、臭気などの脱臭処理に効果が出ています。

工場環境の改善にまったく新しい方式を開発しました。

マイクロバブルが臭気の元凶である排気ガス(有害物)

と接触、結合しその際、化学反応をおこし対象の有害

物を分解、消滅させる装置とし開発しています。

普通の水道水のみを使っていますので余分なコストや手

間がかからず、従来にない大幅なコスト削減を実現しているのも強みです。

フィルタや活性炭、消臭中和剤などを使わず、塗装、印刷、食品、化学等でのシンナー臭、

このやっかいな臭気の臭処理をローコストで実現しています。

**参考として、悪臭防止法は,工場、事業所から排出の特定悪臭物質を規制しています。いずれの悪臭も微量で不快を感じます。 悪臭は、敷地の境界で 悪臭濃度の 限度が 悪臭物質ごとに 決められ工場集中ダクトの外部排気処理に測定,測定器のほか,人間の嗅覚でも 計測されます。 悪臭を除くには,一般には燃焼,吸着,洗浄,酸化,マスキングなどの方法があり水または薬液で洗浄吸収するか,活性炭,ゼオライトなどで吸着させています。

都市部での脱臭

重機械工場からのシンナー臭
隣はショッピングモール

郊外での臭気対策

    生産ライン臭気を考慮して     リプレイス中(海外)

活性炭脱臭からのリプレイス

狙いは、住宅地で臭気対策

  1. 計量証明事業登録番号 神奈川県第39号 環境省告示第61号計量方法による
  2. 神奈川県産業技術センターによる分析基準値
  3. 効果、数値は異なる状況下での効果を等しく保証するものではありません
  4. 記載されている数値等は予告なく変更されることがあります

ジオクリーナお客さま事例

近隣へのシンナー臭で「くさい」と苦情が多かった

建機部品製作所さま  川崎市
有機溶剤(VOC)対策に導入
ベンチュリー局所排気装置

このベンチュリーをリプレイス
塗装は、圧送式

経緯: 川崎市環境基準に合わせる必要があり、既存のベンチュ

    リーは溶剤臭が独特の悪臭としてそのまま出ているので

    困っていた。 

    デモ機を見て使い方や構成のイメージが出来てシンナー

    臭を減らせる装置だと確認出来た。工場地帯だがホテル

    もありシンナーのような悪臭は、特にまずい。

希望: RTOしかないと考えていたが、イニシャルもランニング

    も大変なので実験をしたい旨伝えてきた。

    テスト機で費用対効果が得られるか?でメーカーと共同テストを半年間行う申し出をした。

感想:  テストで確認が取れ、脱臭装置の説明に役所へ行ったが、意外に簡単に了承となった。

     以前の装置よりスッキリ小型になった。 有機溶剤(VOC)の脱臭対策はこれでと思う。

近所よりシンナー「臭い」とクレーム

自動車修理工場さま  大阪市のAさん
自慢の塗装ブースに取付
プッシュプル塗装ブース

局所排気装置のダクトにアドオン

バンパーやドア塗装用に横引き フードにも排気処理装置として 2台取り付け           

経緯: 市街地で30年商売をしてきた。入庫は、好調で塗装

    は、やめたくなかった。隣は、畑で有機溶剤は作物に影

    響があるとクレームを言い、市議まで連れてきて話し合

    っていた。

    移転は、したくなかったのでシンナー臭に効果のある脱

    臭装置を探していた。

希望: 装置は、スクラバー式でお金掛けず自分で作ろうと部材

    を提供してほしいと申し入れていた。

感想: 複雑な構造ではないので自分で組み立てることを伝え 

    了承してもらった。 シンナーは無臭にはならないが、今

    は、お隣とは丸く収まっている。近くの同業者が廃業し

    ているので仕事量は多くなり、長く続けて行きたい。

フィルターの目詰まりで排気しない

塗装工場向け装置製作会社さま  長野県佐久市
局所排気装置のダクトに取付
局所排気の目詰まり

全面フィルター式で粉だらけで
払い落としが大変と聞く。

経緯: 長野県内の本社工場。工場屋根、近くの 駐車場などに粉

    じんが飛散。隣より洗車に金を払えと、言われている、

    従業員は、臭いがきついと言ってきている。

希望: 仕事量が増えて、工場の新設も考えてたが、先の見通し

    は分からないので、他でも使える排気処理装置を探して

    いた。今まではフィルター式だったので、スクラバー式

    など他の仕組みを探していた。

感想: サイト検索で、「悪臭 有機溶剤対策」はこれだろう

    か? と思いデモを見て決めた。100%完全ではないが

    シンナー臭や粉じん飛散はなく有機溶剤(VOC)対策としては、実用性十分と思う。

 

長らく町工場でやってきたが、臭いの苦情が出ている

一般塗装、民芸品制作工房さま  京都府
研磨による悪臭対策に
ジオクリーナ導入光景

   作業場は、プッシュプルになるよう  捕捉面を考えています。

経緯: 京都の北部にある工場団地。手作業の 手ぶき塗装のみ

    ベンチュリーを20年使ってきたがサビがひどく、また

    近所に粉じんが飛んでいて検討されていた。

希望: あまり金をかけたくないので、補助金を申請しその費用

    で入れることを考え、最小構成で粉じんにも効果のある

    スクラバー式の脱臭装置を考えていた。

感想: シンナー臭の悪臭対策で補助金はすぐにOKとなり導入と

    なった。扱いが簡単で、塗料スラッジが たくさん捕れる

    のでおもしろい。これが外に出るのだと大変だった。

    有機溶剤以外の有害物にも使えるのか試していきたい。

助成金を受けて共同運営の工房
臭い、臭気には、安心

独力で対策。隣に社宅ができるので臭いが心配

塗装、金属加工工場さま 大阪府
有機溶剤の悪臭対策に導入
ジオクリーナ導入光景

ダクトもご自身で設置

経緯: あほな話やで、工場団地に社宅と駐車場が出来ようこと

    になりシンナーの匂い対策をせいとなった。事業は、好

    調で脱臭装置を探していた。以前雑誌で見といたのを東

    京に行って見て「これや」と決めた。

希望: 予算は、ないので自分で作れるもので、デモを見てその

    場で決めた。設置とダクトは自分でやろや、で了解して

    もろた。

感想: 必要な部品は、自分でそろえた。扱いが簡単で塗料

    スラッジがたくさん捕れる。臭いの心配はなく、粉じん

    も捕れて、安いとええが、合格点やろう。

    シンナー臭には、これしかないとちゃうか。

何せ、周りは住宅に学校。 廃業を考えていた。

塗装工場さま 鹿児島県
シンナーの臭気対策に導入
ジオクリーナ導入光景

周りは、すべて住宅
臭気対策として屋根に取付

経緯: 工場の周りに住宅ができて囲まれてしまった。立地がよ

    く移転したくなかったので、臭い対策を考えていた。

    シンナー臭をスクラバーやフィルター式以外で効果のあ

    るものを商社に相談していた。

希望: シンナーの脱臭効果が大前提で、実績と雑誌での評価で

    決めた。活性炭や消臭材は、コストがかかるのでバツ。

感想: 脱臭装置とて、完全ではないが、現時点でこれに代わる

    脱臭装置はないでしょう。

    入れて、7年になるが今も営業している。

    ホームページにこの脱臭装置を載せ環境対策のことを紹

    介しています。

    

 

いかがでしょうか。

 

質問などお問合せはこちら

03-3710-8808

受付時間:9:00~17:20(土日祝を除く)