工場の脱臭・消臭や除塵・集塵装置ならマイクロバブル方式

マイクロデザイン

〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-15ー4F(田園都市線池尻大橋駅1分)

営業時間
9:00〜12:00 / 13:00〜17:20
休業日
 土曜・日曜・祝日

お客さま専用デスク 

03-3710-8808

鈑金塗装工場にマイクロバブル式を導入してみて
Hオートサービスさま(三重県)

街の鈑金塗装工場で悪臭対策を実現

フード部分に1次フィルター
その後ろにダクトとフィルターボックスを
通して工場屋上にて外部排気で
苦情が多く困っていた

創業58年になる市街地の鈑金塗装工場で近所の悪臭対策にジオクリーナーを導入されました。

隣にワンルームタイプの社宅が出来ることになりいよいよまずいと思われ、ジオクリーナを見学され、その場で導入を決められました。何せ、その場で現金にて手付金をお支払いになり、最短で入る計画を立てました。心情は、大変なものであったとご推察しました。

従業員は、4名位ほどで悪臭対策の処理に「マイクロバブル方式」のスクラバーを選ばれましたが、その後についてお話をお伺いしました。

ジオクリーナを選ばれた経緯、理由は

強力に塗料ミストを吸い込み捕集している。外部へ悪臭とミストが粉塵となり飛散、拡散することがなくなった
 

「におう」「臭い」と以前から頻繁に苦情があり困っていた。ダクトの位置や向きを変えたりしたが、ダメだった。鈑金塗装ではフィルター式からベンチュリーに変えるのがいいと商社が提案していた。社宅が出来たらさらに不安があり塗装業はできないと感じ従来と違うものを探してみようと思っていた。 

あまり高額な装置は入れられないのと確実に有機溶剤で効果が出るもので、ご近所が納得するものを選ぼうと考えていた。以前雑誌で見ていた有機溶剤向けの「マイクロバブル式」のスクラバーがいいと思いデモを見に行った。

 

シンナーの強烈な悪臭がバブルの力で分解され臭いが少なくなるのをみて、「これだと」確信できた。フィルターがないので塗装での吸引力が落ちないのと、悪臭と塗料の粉塵がきれいに取れてスッキリで飛散しないことも良い。

ユーザーの希望は、

  • 1
    溶剤の悪臭を確実に減らせること
  • 2
    排気の吸引力が塗料で落ちないこと
  • 3
    出来れば頻繁の掃除、点検は極力減らし、ランニング費用を減らしたい
  • 4
    メーカー専業の保守サービスや消耗品の購入はしたくない
  • 5
    据え付け、組み立ては自分でやるので、安くしてほしい

 ユーザーは条件をこう考えてみた

  • 1
    フィルター式とは違うもの、フィルターは吸着したものが時間とともに再飛散することになるので考えない。
  • 2
    有機溶剤の悪臭がしないと、鈑金塗装ユーザでの実績があること
  • 3
    導入費用や運用費用が安くなること
  • 4
    塗料や粉塵などのスラッジの回収処理が簡単なものがいい
  • 5
    悪臭でのユーザー見学したい
  • 6
    メンテナンス作業は、自前だけでやりたい

サンプルで吸入のテスト
装置内で有機溶剤の処理がしっかりとされるか確認

工場へのテスト機持ち込みで
塗料で実際の吸引テストを行う

鈑金塗装工場へ装置の導入

 「マイクロバブル式」のスクラバーを選択されました

1.ビニールブースを設置     
2.照明を交換          
3.横引きにジオクリーナ導入   
4.簡易保守が出来るよう細工をした

  • 1
    雑誌の「マイクロバブル方式」のスクラバーを見学し、塗料を実際噴霧しテストをしてもらった不思議と塗料が吸い込まれ臭いが排気されておらず、装置内で確実に処理できており、驚きであった。塗料カスもたくさん捕れている。
  • 2
    他の鈑金塗装工場のユーザー例もありこれで十分と判断した
  • 3
    何より水しか使わずローコストなのと、機械の扱いが簡単なのがいいね!
  • 4
    塗料スラッジが相当量回収されている。これが外部へ飛散では、大変であった
  • 5
    日ごろのメンテナンスやデバイス交換は、調達から作業まで自前で出来るとのことで
    ありがたい。
  • 6
    計量証明で、有機溶剤低減率 ▼約84%~96%であった