工場の脱臭・消臭や除塵・集塵装置ならマイクロバブル方式

マイクロデザイン

〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-15ー4F(田園都市線池尻大橋駅1分)

営業時間
9:00〜12:00 / 13:00〜17:20
休業日
 土曜・日曜・祝日

お客さま専用 臨時スティホーム電話 

080-3530-6715

水性塗料対策にマイクロバブル式を採用してみて(静岡県)
 

水性と油性のミスト、粉塵対策を同時に実現

工場屋上へ排気される 
粉塵飛散を低減

新規に塗装工場をオープン計画とは、

何と言ってもも工場内の環境対策、作業環境に一番配慮されていました。もちろん近隣への粉塵飛散、悪臭対策は、当然でした。

特殊なボディーを塗装されるため塗料は、下地材に水性、油性塗料の2種類、その上に粘着性のある溶剤系のクリアーを上塗り塗装で厚みを作り入念に塗着させ、最後は、徹底した研磨で仕上げをする。

場所は、工業団地だが隣に何故か住宅があり特に注意が必要でした。特殊塗装で個々に来客があるので目的として工場内をきれいにし見学できるようにされたいとのことでした。

ジオクリーナを見学され、その場でサンプルテストをして導入を決め最短の導入計画を立てました。

従業員は、5名ほどで塗料の粉塵飛散対策に「マイクロバブル方式」を選ばれました。

ジオクリーナを選ばれた経緯、理由は

設置組み立て中
 

「におう」「臭い」と以前から頻繁に苦情があり困っていた。ダクトの位置や向きを変えたりしたが、ダメだった。塗料は、大部分水性に変えているが、ミスト、粉塵飛散が逆に多くなり困っていた。塗装ではフィルター式かベンチュリーか提案があったがフィルター式は、限界があり✖。 仕事は多くなっていて続けて行きたく従来と違うものを探していた。 

ブース側はプッシュプル式

あまり高額な装置は入れられないのと確実に水性塗料の粉塵捕集で効果があるものと水性塗料のスラッジ回収、油性塗料の悪臭も外せないので、納得できるものを選ぼうと考えていた。以前ネットで見ていた「マイクロバブル式」がいいと思いデモを見に行った。

 

シンナーの強烈な悪臭がバブルの力で分解され臭いが少なくなるのをみて、「これだと」確信できた。水性塗料を試すと確実にミストが処理されておりフィルターがないので塗料詰まりなくファンの吸引力が落ちない。研磨の粉塵、スラッジもきれいに回収できておりスッキリして飛散がなくなることは非常に良い。

ユーザーの希望は、

  • 1
    水性塗料と溶剤系、そして研磨粉の処理を確実にできる三刀流が必要
  • 2
    フィルター式やベンチュリーは吸着しても再飛散するので検討しない。
  • 3
    出来れば頻繁の掃除、点検は極力減らし、ランニング費用を減らせること
  • 4
    メーカー専業のメンテ保守サービスや消耗品の購入は自前でしたい
  • 5
    塗料や粉塵などのスラッジの回収処理が簡単なものがいい
  • 据え付け、組み立ては自分でやるので、安くしてほしい
テスト機に水性塗料を噴霧
塗料が捕集されスラッジと
なっている
ベトツキなく回収が出来る

↓スラッジが大量に採れるため、カートリッジを大きくし装置を製作

   塗料ミストが捕集されスラッジとして  カートリッジに回収されている
溶剤塗料に研磨も行うための粉塵吸入口

 「マイクロバブル式」を選択されました

  • 1
    ネットの「マイクロバブル方式」を見学し、塗料を実際噴霧しテストで不思議と塗料が吸い込まれ粉塵が排気されておらず、装置内で確実に処理でき、塗料カスがたくさん取れて驚きであった。
  • 2
    水性塗装の工場で採用しているユーザーもあってこれで十分と判断した
  • 3
    何より油性、水性と設備の2重化、2重投資はしたくなかった。集塵処理は、水しか使わずローコストなのと、機械の扱いが簡単なのがいいとのこと
  • 4
    塗料スラッジの外部へ飛散も考えダクトの構成もいいものが出来た
  • 5
    日ごろのメンテナンスやデバイス交換は、調達から作業まで自前で出来るとのことで
    ありがたい。
  • 6
    船体での塗装業で、このような装置は見たことないので紹介していきたいとのこと

■完成です。末永くお使い頂きたい■
ブースは、栗田工業社製です

質問などお問合せはこちら

03-3710-8808

受付時間:9:00~17:20(土日祝を除く)